またもやお久しぶりの日記になってしまいました。
なかなか忙しい日々を送ってました…。

日常生活に忙殺されていた中、嬉しいお知らせが

先月勉強に没頭していた検定とは「日商簿記検定2級」だったのですが、

なんとなんと…!

合格してました!!



日商簿記2級を持っていると経理事務の就職に有利です。

さらに私は経理の実務経験が5年あるので、実務経験+日商簿記2級で就職にかなり有利になるのではないかと思っています。

来年からの仕事は経理職に就こう…と思い、就職先を探していたのですが、今のところ一般事務の職種で受かりそうな感じです
(短期で働いていた会社にそのまま雇ってもらえそうなので経理職を探す必要がなくなりました)




これから日商簿記2級を取得する人のために私の勉強方法を書いておこうと思います。
日商簿記合格体験記…ということにしておこう


ちなみに日商簿記2級を勉強する前の私の状態

・全商簿記1級は高校在学中に取得済
・日商簿記3級は3年前に取得済
・会計事務所で5年間ほど実務の簿記を経験済
・日商簿記2級は5年前に一通り勉強したことがある(過去に受験して落ちた)

…ぶっちゃけ日商簿記2級の内容は実務で使うことはほとんどないかも


勉強期間:2か月間ほぼ毎日(1日1~2時間程度)


●まずは最初の1か月。
昔勉強したことを一通り思い出すことから始めました。

使った参考書↓




TAC出版の「スッキリわかる」シリーズ。
参考書と問題集が一緒になってるのでとても使いやすかったし(経済的でもあった)、イラストや図が豊富でとてもわかりやすかったです。

日商簿記3級の出題範囲の基本的なことがわかる人であれば、この参考書をおすすめしたいです!
2級で出てくる特殊な取引や仕訳が詳しく且つわかりやすく掲載されていますよ。


蛇足ですが…商業簿記と工業簿記両方が出題範囲なので2冊とも買いましょう。
※情報が古い場合がありますので最新版を購入しましょう。



●試験1か月前
1か月で基本を押さえたので過去問に取り組みました。

使った参考書↓

出題パターンでマスター過去問題集

私が受験したのは第132回だったのでその回専用の過去問を買いました。
これから受験する人は自分の受験する回に合った過去問を買いましょう。



●試験2週間前
よく出やすいところを必死に勉強しました。

あてる直前予想問題集

この問題集で解いた問題とそっくり似た問題が出る…なんてことはありませんでしたが、出題範囲については割と当たっていたと思います。

当然ながらこちらも自分の受験する回に合った問題集を買いましょう。

私はこの問題集で同じ問題を3回解きました。



むかーし受験したときは大原簿記学校の問題集を使っていたのですが、今回はTAC出版にお世話になりました。



合格するには繰り返し問題を解いて基礎を定着させることですかね。

日商簿記は意地悪な問題ばかり出題されます。
問題をよく読んで理解し、応用できる力を付けましょう。


この記事が少しでもあなたの役に立てばいいなと思います。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None