2か月ぶりに投資信託(投信)の積立を記録を公開します。

どんな商品にどれぐらい積み立てているのか、どれぐらい利益が出ているのかを記録することで、過去を振り返る材料になります。

さっそく各口座の残高を集計してみました。
※今回は7/30時点の集計結果となります。31日は忙しくて集計できそうになかったので前もって集計しましたw

投信積立の総額と損益


●SBI証券での積立(月3万円)

SBI証券では毎月12日に3万円を積立設定しています。
7月30日時点の積立残高と損益をまとめた表です↓
20170807SBI証券_1
ポートフォリオは2か月前と変わらず。

どのファンドも積立残高よりもプラスになりました。
特に世界経済インデックスファンドとニッセイ外国株式インデックスファンドの伸びが良く、10%以上増えています。
増減の伸びしろが少ないファンドは最近積み立てを始めたばかりのものなので、これからに期待します!



●松井証券での積み立て(毎週1万円)

松井証券では毎週火曜日に1万円を積立設定しています。(火曜が4回あれば月4万円)
7月30日時点の積立残高と損益をまとめた表です↓
20170807松井証券_1

新興国株式だけがズバ抜けて成績が良いです。

松井証券では毎日、毎週、毎月積立を選ぶことができ、ロボアドバイザーや自分の決めた資産配分に自動的にリバランスしながら積み立ててくれるので、インデックス投資にとても有利で便利です。

私の積み立て資産配分は世界経済インデックスファンドを参考にしています。
(日本株5%、先進国株30%、新興国株15%、日本債券5%、先進国債券30%、新興国債券15%)

6月頃から毎週5千円だった積立額を毎週1万円に増額しました。



●SBI証券iDeCoでの積み立て(毎月3万円)

確定拠出年金(iDeCo)では毎月3万円を積立設定しています。
7月30日時点の積立残高と損益をまとめた表です↓
20170807SBI証券ideco_1

イデコは税制優遇のメリットばかりに目が向けられていますが、口座を持っているだけで毎月かかってくる手数料が見えないのが問題ですね~。
私の場合は初期手数料+毎月167円=合計4,108円が口座を開設したときから現在までかかっています。

でも、今加入すると古い加入者にかかっていた初期費用がゼロになったので毎月167円だけ負担することになります。昔よりも手数料の負担が少ないです。

とはいえ、金額が大きくなると毎月の手数料が気にならなくなるんでしょうけど、毎月の掛け金が少ない公務員や主婦だと、自営業や会社員の人よりも手数料の割合が増えるので不利ですね。



2017年7月末時点の投信状況まとめ


・積立残高(元金)計:780,000円
・評価額計:822,421円
・損益計:+42,421円
・増減:+5.44%


積立残高の5.44%が増えていました。
2017年7月末時点では株高の影響もあり投信積立の成績は好調です。

証券口座3つ分の評価額トータル資産配分はこんな感じ↓
20170807投信全体PF_1

購入金額が少ないので値動きが地味で見ていてつまらないのですが、コツコツたまっている感じが安心感を与えてくれます。

今回8月頭にスポット買いの注文を出しました。
これで資産の増加を加速させるぞ~!!


これからはこのブログの恒例企画として、2~3か月おきに残高の推移を見ていこうと思いますのでよろしくお願いします。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None