12月~1月に株主優待のクオカードが3社から届いたので紹介します。

どれも10万円未満で買えるので「投資資金が少ない」という方や「リスク分散したい」という方の参考になれば。





東亜ディーケーケー 9月末権利取得


20170211東亜12月
東亜ディーケーケー(6848)は年1回、9月末の権利で100株取得するとクオカード500円分貰えます。
12月頃に届きました。

2/10終値の株価で計算すると100株を54,500円で購入できます。



ファーストコーポレーション 11月末権利取得


20170211ファースト1月
ファーストコーポレーション(1430)は年1回、11月末の権利で100株取得するとクオカード1,000円分貰えます。
1月頃に届きました。

優待を貰えてなおかつ配当金も良すぎるので優待+配当金利回りがとても高いです。
優待と配当がそのまま維持されるようであれば買い増しも考えています。

2/10終値の株価で計算すると100株を90,300円で購入できます。



TOKAIホールディングス 9月末権利取得


20170211TOKAI1月
TOKAIホールディングス(3167)は年2回、3月末と9月末の権利で100株取得するとクオカード500円分貰えます。(年間1,000円分)
9月取得分が1月頃に届きました。

クオカード以外にも水やポイントなどから選択できるので勝手がいいです。
ただ、どの優待をもらうのか選択するために専用のはがきに希望を書いて返送しなければなりません。
こういうのってうっかり忘れちゃいそう…w

今ではだいぶ株価が騰がりましたが、配当利回りはまだ3%を超えてます。
私は買値から20%上昇したタイミングで売ってしまいましたが、まだ持っていても良かったかも…と後悔。
次は3月の優待を取ろうと思っているので買いのタイミングを見計らっています。

2/10終値の株価で計算すると100株を83,100円で購入できます。


クオカードのような金券優待は企業が株主集めのために取り入れて、株主が集まれば廃止にされたり改悪になるリスクがあります。(モリトのクオカード廃止が酷かったという最近の例があります)
業績不相応に高い金券優待を出している企業は要注意ですね。

それでも使い道の多いクオカードは便利なので、話題のおやつをコンビニで買ったりと重宝します。

※この記事では私が実際に買った株を紹介していますが、投資は自己責任でお願いします。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None