新Yahoo!JAPANカードが今春から発行開始されました!

Yahoo!をPCやスマホのトップページにしている人は大々的に広告が出てるから見た人が多いはず

クレジットカード大好きな私は早速チェックしてみましたが、イマイチ申込に踏み切れない…
読めば読むほどなんだか複雑でややこしそうなので内容をまとめてみました。

20160310yahoojapancard.png


Yahoo!JAPANカードの主な特徴・メリットをまとめました


・年会費無料
・Tカード一体型クレジットカードの2役1枚で財布スッキリ
・Tポイントがカード利用100円ごとに1ポイント貯まるので還元率1%
・国際ブランドはVISA、Master、JCBの国内主要ブランドから選択できる
・JCBカードはnanacoのクレジットチャージでTポイント付与
・MasterカードはauウォレットカードへチャージでTポイント付与
・Yahoo!ショッピングやLOHACO(ロハコ)での決済に利用するとポイント3倍※
・初年度のみヤフオクのかんたん決済手数料が毎月1回無料

※カード利用1ポイント+ボーナスポイント2ポイントで3倍


今この新Yahoo!JAPANカードで話題になっているのは、JCBブランドはnanacoチャージでクレジットカードポイントが付与されるという点ですね。

私もnanacoチャージする際はクレジットカードを利用しているので、セブンイレブンでの買い物はクレジットカードポイントとnanacoポイントのポイント二重取りができてます
税金もnanacoで払えるので、自動車税の支払いで先月利用しました!

税金はクレジットカード払いができませんが、nanacoで間接的にクレジットカード払いしたことになります。
税金払いなのにクレジットカードのポイントが貯まってお得というのがこのヤフージャパンカードJCBブランドで通用するんです。




Yahoo!JAPANカードのデメリット


100円ごとに1ポイント貯まってお得なカードですが、私がイマイチ申込に踏み切れない理由がいくつかあります。


まず、デザインがダサいw

色は赤か黒しか選べません。私が選ぶとしたら黒ですね
シンプルって言ったらシンプルなんだけど、でっかい「Y!」の白抜きデザインいらないと思いませんか??
ダサさで評判の楽天カードよりもダサいです。(私は楽天カード愛用してますが)
隅にちょこんとロゴが書いてあるぐらいがいいんだけどな~。



次に、すでにクレジットカード機能付きTカードを持っていることです。
Tカードを何枚も何枚も財布の中に入れるのは嫌なんで持つとしたらできるだけ1枚に絞りたいです。

私がすでに持っている「ファミマTカード(クレジット機能付き)」は利用額200円で1ポイントが貯まるので、Yahoo!JAPANカードよりも還元率が悪いです。

還元率の良さで100円で1ポイント貯まるYahoo!Japanカードへの乗り換えを考えてしまうんですが、ファミリーマート利用者にはやっぱりファミマTカードは持ってるだけで30円ぐらい安く買えることがあるので便利です。
ファミマTカード会員で割引になる商品を購入するときにYahoo!JAPANカードを提示しても割引対象になりません。
Tポイントはレジでつけてもらえますけどね。


さらに、私はすでに持っているファミマTカード(クレジット機能付き)にTSUTAYAのレンタル会員証を登録しているので、Tカードの乗り換えでまた登録料(200円程度)払うのは正直嫌だ…!(←ケチなんでw)


TポイントはTカード番号をYahoo!のアカウントに紐付けしていれば2枚持ちでも移行できるので、何枚持っていても別に構わないんですが、クレジット機能付きを2枚持つのもウーン…考えものです。




Tポイントをたくさん貯めるならYahoo!JAPANカード


とはいえ、Tポイントを積極的に貯めている人にとってはクレジット機能付きTカードの中で一番魅力的なカードだと思います。
電気・ガス・水道や普段の買い物をこのYahoo!JAPANカードにまとめればTポイントが貯まりやすくなります。

「Tポイントがザクザク貯まる」っていうのも嘘じゃないですし、ポイントの有用性ではPontaポイントや楽天ポイントを凌いでTポイントが一番ではないでしょうか。


貯めたTポイントでファミマのデザートを買ってみたり、外食にガストを利用してみたり、TSUTAYAでDVDを借りたり、ニッセンやヤフーショッピングで新しい服を買ってみたり…などTポイントの使い道は多岐にわたります。



発行が始まってまだ間もないので申込で付与されるTポイントが多く設定されています。
申し込みしたくてかなり心が揺らいでます

新Yahoo!Japanカード申込でTポイントをもらう人はこちら


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None