今年分の株取引はもうあまりやらない予定なので大体結果が出ているんですが、
自分の場合は確定申告をしたほうが得しそうです。


主婦の株取引初確定申告


私の場合は今年の収益は下記のようになりそうです。

・給与所得…65万の控除内におさまる
・雑所得…20万超えてないので申告不要
・株式譲渡損益…A証券会社で利益、B証券会社で損失(特定口座、源泉徴収あり)

そもそも、株の利益は特定口座で源泉徴収ありにしておけば確定申告する必要はありません。
取引した時点で源泉税が計算され、利益から差し引きされて納税完了となるからです。

ただ、株の損失を翌年に繰り越す、
他の口座の譲渡損益と相殺する場合は確定申告したほうが良くなることもあります。

今回の私みたいなパターンですね。
A証券会社では利益、B証券会社で損失が出ている…というようになっていれば
利益が出ている口座から損失分を差し引いて差額の源泉税が還付されるというわけです。

1つの口座であまりにも利益が出ていて、別の口座ではわずかな損失だけという場合には
確定申告しない方が住民税や国保の面でメリットがありますから、
他の口座の譲渡損益と相殺する目的で確定申告したほうが単純に得になるというわけではありません。

このへんは税金のプロに任せるか、
自分で税法を勉強していかに合法的に税金を支払わなくて済むかという
申告方法の組み合わせを考えなくてはなりません。


私の場合は複数の証券口座の譲渡損益を相殺すると、
単純にわずかな配当金分だけ儲かったという結果になりそうなので
基礎控除38万円以内におさまるし、所得税法的にも夫の扶養に問題ないし、
来年の住民税にも影響なさそうだったので
確定申告したほうが還付があるのでお得という結果になるだけです。

税金関係って本当に難しいです。
確定申告は住民税や国保にも絡んできますからね…。



年間取引報告書の取り寄せ


つい最近、松井証券から
「年間取引報告書を郵送で希望する方は手続きしてください」という内容のメールが届いてました。

うっかり勝手に送ってきてくれるものだと思ってたんですが、
どうやら電子交付の書面に承諾している特定口座(源泉徴収あり)の人は連絡しないともらえないようです。

一般口座は問答無用で確定申告しなくちゃいけないから勝手に郵送するだろうし、
電子交付の書面に同意してない人にも送るっていうのはわかる。

私みたいな確定申告をしようと思っている人は自力で取り寄せなくちゃいけないってことらしい…。


「年間取引報告書」は、1年間の株取引の譲渡損益が書かれている証明書みたいなもの。
これがないと株の確定申告はできません。

さらに、税務署に添付書類として提出するのは原本である必要があるため、
電子交付書面を自宅のプリンターでプリントアウトしたものは書類として認めてもらえません。

なので、できるだけ早めに取り寄せて確定申告の準備をしておこうと思います。

松井証券はワンクリックで手続き完了しましたが、SBI証券は電話しないと無理っぽい…。
いつから受け付けてもらえるのか近々聞いておこうと思います。

【追記】SBIについてはWebから問い合わせてみたら、
12/30時点で選択している方法で年間取引報告書の発行をするようです。
よく見たら電子書面の交付欄に「郵送にする」というボタンがあったのでワンクリックで手続き完了しました!
気付いてよかった…。ふー、危ない危ない。



最近、GMOクリック証券の口座手続きが完了して
そこで12月優待を取ろうと思っているので、
もしかしたら3つの証券会社の年間取引報告書を使って確定申告をしなくてはならないかもしれませんw


そうそう、もう税金関係の仕事を退職してだいぶ経つので
最新の税法とかサッパリついていけてません
毎年確定申告時期になると慌てて調べまくりますw

確定申告書は国税庁のHPから毎年作っているので、
いろいろなパターンで打ち込んでみて納得できる方法で申告しようと思います。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None