節約記録の関連記事|ビママサクラの備忘録

節約記録のカテゴリ記事一覧

転妻フリーランス主婦の節約・投資・サイト運営などのメモ書きブログ。

カテゴリ:節約記録

節約記録のカテゴリ記事一覧。転妻フリーランス主婦の節約・投資・サイト運営などのメモ書きブログ。
No Image

2016-07-22 節約記録
最近、興味深い本を2冊読んだので紹介します。本・・・といっても雑誌なので、文字が苦手な方でも読みやすくておすすめです。節約のお得技ベストセレクション「暮らしの衣食住を見直すだけで年間3万円節約できる」というキャッチコピーに惹かれて購入しました。女性版MONOQLOであるLDKが出している雑誌です。LDKの総集編の雑誌は割と好きです。毎月3万円を節約して貯金するのは難しいですが、1年で3万円だったら今よりもっと節約で...

記事を読む

No Image

2016-04-08 節約記録
ここ半年ぐらいずっと自分の加入している生命保険・医療保険などの保険商品について勉強していました。自分でFPの勉強をしはじめたことで、社会にはどんな保障があるのか大体掴めるようになって、我が家で掛けている保険料が高いことに気付きました。その額、夫婦二人で毎月27,000円!(生命保険・医療保険・傷害保険の合計月額)生命保険と医療保険は若いころ(5年前)に夫の会社に来た保険の営業の人から勧められて夫婦で加入しまし...

記事を読む

No Image

2015-02-24 節約記録
確定申告書の作成が終わって出してきましたー!去年も還付でしたが今年も還付です給与所得の源泉徴収票3枚分の確定申告は絶対しなきゃいけなかったんですが、ついでに株の取引で損失が出た口座と利益が出た口座があったので損益通算する手続きをしました。(その時のことをうだうだ書いた記事はこちら)株の配当金にかかった税金を総合課税にして取り戻しました!還付金額…約3,000円微々たるものですが3,000円あればおいしいご飯が食...

記事を読む

今より年間3万円節約して貯蓄を増やす方法について考える

最近、興味深い本を2冊読んだので紹介します。
本・・・といっても雑誌なので、文字が苦手な方でも読みやすくておすすめです。


節約のお得技ベストセレクション


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
「暮らしの衣食住を見直すだけで年間3万円節約できる」というキャッチコピーに惹かれて購入しました。
女性版MONOQLOであるLDKが出している雑誌です。
LDKの総集編の雑誌は割と好きです。

毎月3万円を節約して貯金するのは難しいですが、1年で3万円だったら今よりもっと節約できるような気がしませんか?

私は毎月きっちり家計簿を付けていて、毎月の収支を把握しています。
だから「もう見直して節約は無理かも…」という状態まできています。

でも「もっと無駄を省きたい」、「シンプルに暮らしたい」と思っているので、無理なくできる節約技を探していました。

節約の情報収集をしていると、このような雑誌を見ても「もう知っているよ!」というような内容がズラリと並んでいますよね。
この雑誌はかなり広範囲の内容が掲載されていて、知らなかったけど今すぐ実践できそうという内容が掲載されています。
節約情報収集マニアの私でもまあ満足できる内容でした。

節約初心者さんにはちょっと難しそうな内容となっていますが、節約中級者にぴったりだと思います。(上級者には物足りないかも)




貯蓄完全ガイド


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「貯蓄は初期設定が9割 守り勝つための黄金ルール」というキャッチコピーが印象的です。

マイナス金利が始まってから貯蓄の運用を一生懸命考えている状態なので、貯蓄の運用方法について勉強するために購入しました。

我が家の資産は定期預金6割、株式・投信2割、普通預金2割で保有しています。(個人年金など保険積立や小規模共済は簿外で計上)

今は高金利時代に組んだ定期預金が残っているので、定期預金の割合が資産のほとんどを占めています。
現状はほぼ安全資産で保有しているので、定期預金が満期になったらもう少し株式・投信の割合を増やす予定です。


老後資産のためとはいえ、今すぐ使えないお金があることは不安に感じるので、個人型確定拠出年金や個人年金みたいにすぐに換金できないような金融商品を選ぶのは現時点では避けたいという考えです。
私の個人事業が軌道に乗ってもう節税する方法がないのなら加入を考えますが、現時点では見送り・・・という状態ですね。
やるとしたら簡単にはやめられないので、かなり練った資産設計が必要かも。


知識が増えると資産運用の選択肢が広がるので、資産が定期預金や普通預金だけに偏っている方におすすめです。※リスク資産を勧めているわけではありません。


 カテゴリ
 タグ
None

生命保険・医療保険は必要?固定費を月15,000円削減する保険に対する考え方

ここ半年ぐらいずっと自分の加入している生命保険・医療保険などの保険商品について勉強していました。

自分でFPの勉強をしはじめたことで、社会にはどんな保障があるのか大体掴めるようになって、我が家で掛けている保険料が高いことに気付きました。

その額、夫婦二人で毎月27,000円!
(生命保険・医療保険・傷害保険の合計月額)

生命保険と医療保険は若いころ(5年前)に夫の会社に来た保険の営業の人から勧められて夫婦で加入しました。
加入当時は何もわからないまま、勧められるがまま加入し、保険に対して疑問に思いませんでした。

加入するのが当然だと思っていたからです。

最近はFPに相談すると保険料が安くなるというのが流行っていますが私は相談しませんでした。

自分で勉強して自分で必要な保障を納得して選びたかったからです。
だから、自分の求めている保障が付いている保険商品探しを半年もしていたんです。


» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

今年も確定申告で還付

確定申告書の作成が終わって出してきましたー!

去年も還付でしたが今年も還付です


給与所得の源泉徴収票3枚分の確定申告は絶対しなきゃいけなかったんですが、
ついでに株の取引で損失が出た口座と利益が出た口座があったので損益通算する手続きをしました。
(その時のことをうだうだ書いた記事はこちら)

株の配当金にかかった税金を総合課税にして取り戻しました!


還付金額…約3,000円

微々たるものですが3,000円あればおいしいご飯が食べられるもんね


確定申告書を作りながら「もっと働いておけばよかったな~」なんて思ってしまいました…。
去年は全然働いてない。特に起業宣言した8月から一切外で働いてない…!

せっかく給与所得控除が65万もあるんだから、1か月5万円ずつでも働けばもっと貯金できたはず

まあ、終わったことなのでしょうがないです。
もう外で働きたくなくなったので、できるだけ早く起業準備できるように頑張るしかないです。



国税庁のHPからの確定申告書作成時に
オープン型証券投資信託の金額を細かくわけて入力する場所があったんですが、
配当等の交付状況の書類を見てもイマイチわからず、目論見書を読み直すという手間のかかることをしていましたw

よくわからない投資信託のせいで確定申告が面倒だったので、この銘柄は確定申告書類作成後に売却しましたwww
毎月分配型で特別分配金(元本の戻り)や普通分配金(課税される)のあるようなやつです。
もうやだ、ややこしい…。




確定申告書の郵送のしかた


うちの管轄の税務署までは結構遠いので毎年郵送しています。
確定申告書を郵送する場合はどの方法が正しいのだろうって考えたことないですか?


私はめっちゃ考えました…できればお金をかけたくない←ケチw


ちなみに去年までは“簡易書留”で送っていました。
今年は簡易書留よりも料金の安い“特定記録”で送ってみました。
還付申告だし追跡があれば十分かなーって思ったので。

それとメール便はダメ、絶対。


確定申告書の郵送は税金を納付するか還付になるかで重要度が変わってくると思います。

というのも、所得税を納付する場合は「必ず3月15日までに申告する」という決まりがあって、
1日でも遅れると“無申告加算税”という罰金が取られます。

郵送したつもりでも万が一郵便事故などで税務署に届いていないのであれば、
申告していないのと同じことなんです。(=無申告)

納付になる場合は郵便代をケチるよりも安全策を取って簡易書留や書留あたりが良いかと思います。



逆に税金の還付になる場合は遅く出しても罰金等はなかったはずです。
青色申告だった場合は控除額が減るとかあるようですが。

還付になる場合でも3月15日って決まってますから期限内に出すべきですけどね。


要は税務署は納税にはうるさいけど、還付はそうでもないってことです。


還付の申告書の場合は定型外郵便で送っても大丈夫かもしれませんが…おすすめはしません。

もし還付の申告書が郵便事故に遭って税務署に届かなかった場合、
還付金がいつまでも振り込まれないことに気付くと思いますから税務署に問い合わせてみますよね。

そうなった場合は税務署の指示を受けてくださいね。



控えの収受印はできればもらったほうがいいです!特に自営業者の方。
認め印を押印した箇所と返信用切手を貼った封筒を確定申告書に同封して送るだけです。


※個人の意見なので確定申告書の郵送は自己責任でお願いします。
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © ビママサクラの備忘録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます